吾味吾感(ごみごかん)
AA6A040E-7622-463F-821E-9DC641999690

大阪北新地で話題のイノベーティブ・フュージョンでディナー。
なかなか予約が取れず、カウンター席にキャンセルが出たとのことでめでたく訪問♪
D01BA1EC-DDD7-48F4-8AB3-142BD32F0054

杉本氏が仕立てる“特別”だけを厳選したお任せコース 20,000円(税サ込)
本日の食材(1)
08A01FDD-6068-4B18-A302-4D48DB3A6D59
北海道噴火湾産おがわの塩水「生うに」、ズワイ蟹、北寄貝(ホッキガイ)。

■自家製舞茸豆腐
22B73B91-DE99-4904-B930-BAB15FFAB47D
まるで花器のような器に、マイタケペーストを使って胡麻豆腐のようにした自家製の舞茸豆腐とピスタチオ!

柿の葉の紅葉が印象的。

■北海道産北寄貝の葛打ち
B56B1E3C-27A1-4E47-A00A-5AD0802B42DE
アサリと干し貝柱、カツオ節、調味料はお酒だけのお吸い物。
北寄貝はシャキシャキ。

この器とトレイの相性も最高♡

■九絵と肝ぽん酢
246F0A37-5669-48A8-95D9-84DA87281E8D
五島列島でとれた15㎏ものの九絵(クエ)を4日間熟成させ、1日間昆布締めにしたものは、ぶりぶりとした弾力と歯ごたえがすばらしい。舌に当たる昆布の風味が九絵の旨味と重なって、もうこれだけでもおいしいのだけれど、
5327E1E4-92D2-4852-A194-60519B9C9F48
あん肝を使ったポン酢が登場。
2651C8B0-27CF-4382-A266-9FC95C819428
ほんとに~、この器も大好き♡
239E15AF-3B65-45F7-9F5E-E21AFCBE20BC
酒飲み万歳♪のメニューですよね。

■本日のお造りと辛み大根(天然鰤の叩き)
6DCF7590-9F1D-477B-B0CA-6A6BDF381E98
北海道の天然ぶりを炭火で炙り、皮目は香ばしく、身はきゅっとしまっていて美味。2つを重ねていて、間と上に京都の辛み大根の鬼おろしを重ねて。

■白子蕎麦とトリュフ
D2D8CB05-F49D-4CF7-A809-8F090365F4C6
北海道のタラの白子とトリュフオイルのクリームにからめて、締まった麺の蕎麦を絡めていただきます。
26381B9C-CE0F-4E2A-A63E-33F9569C4A40
トリュフのスライスもいっしょに~♡
CFCBFA0B-2655-402C-95A0-CF6428DD2566
そのあとひとくちごはんも追加して、余すところなくいただきます。

刀の鞘(さや)をモチーフにした器。
C7706FEE-2A60-46D1-B77D-0709506F6D45

■河豚と甘海老
FF59BDE7-3432-4888-97C7-2E60D97654FB
手渡しでいただいたのは、トラフグの唐揚に、福井の甘海老をたたいて味付けしたものをあわせて、海苔で巻いたもの。

ぜいたくにぜいたくを重ねた品ばかりが次々と現れて驚きました☆

本日の食材(3)
31F99D9A-FCE9-49FD-899D-02D3E9538E2E
佐賀牛の雌牛A5ランク。

■黒毛和牛と塩水雲丹
C7CEBD67-8AFE-45A0-88A6-DA9FB36A800E
カツオ出汁でしゃぶしゃぶに。
3EB5D7A7-2042-4AC9-A882-985F5037CA6C
北海道産の塩水雲丹をまとわせていただくと、お肉も雲丹もぷるんぷるんでうっとりする美味しさ。

本日の食材(2)
BA99B7A9-C20B-4A14-BDF0-50C5851C7F0D
山口の甘鯛、トリュフオイル、キャビア。
これで作られるのが、こちらのシグネチャーメニュー。

■贅沢なフィレオフィッシュ
405E7FAD-AAC0-4A7B-9EDC-5564D0C4A46D
ぜいたくにも、あの甘鯛をフライにして、トーストにサンドして(甘くてやわらかくてサクッと焼きあがった)、レモン香るソース(ザバイヨーネソースのような)とキャビアをたっぷりのせて出来上がり。

556B1AB4-2DC6-4515-9ABF-08CE1BC45E93 
出される際の、こちらの方の口上が名物パフォーマンスのようです。場が盛り上がりました。

グツグツアツアツの鍋に柚子を削って(この様子も見ごたえあり)仕上げた次なるメニューがこちら。
B2937A85-E18B-44CE-A239-FB8473D48AF0
■鍋 紅ずわい蟹と蕪
BA18CE6B-B164-4305-AAC7-A1FB8C3D1CE2
さっきのズワイ蟹。
C183600C-557F-4769-9318-6BEC761C4899
蕪よりも蟹のほうが多いのではないかと?

ごちそうのオンパレードでした!
そしてお楽しみのシメごはん。

■本日のお食事
魚沼産雪椿の釜焚きご飯
51867199-DEDE-4939-AE83-18FE3022D6AD
石の釜で炊かれたごはんはみずみずしくつややか~☆

5品の中から好みのシメゴハンメニューをチョイスできます。
私が選んだのは↓

・龍のたまごの玉子掛けご飯
AC9BE48E-9848-4C85-B469-ABE33AFEDE57
わぁ、卵黄が濃いオレンジ。
A2DAEF4C-A792-4530-968E-6A99A23118FA
粒よりの白米だけいただいても美味ですが、TKGは天国💜

冥加(みょうが)のお味噌汁と
850DAD7C-204D-47CC-97B9-4514E161C71F
香の物もついていました。
063119B0-9FC4-4995-9649-82753E33476E

お連れ様チョイスは↓
・フカヒレ餡がかかった焼きおにぎり
49F997D3-F621-4EFF-BF31-410CB2FC02BD
フカヒレがたくさーん💜
さいごにまたお出汁のお味でシメたい方におすすめです。

そのほか、こちらの3メニューです。
・和牛他人丼
・和食屋さんのエビスープカレー
・トリュフ雑炊

コンプリートしたい!

ドリンクは、白州ハイボールと生ビールで乾杯ののち、この日はお水で。
それがこちら♪
B6A959CE-916D-4B1A-B421-A2E0B0EC21F2
ご飯と同じ名前💜

ーーーーー

季節の逸品、今なら河豚(フグ)・ズワイ蟹・久絵(クエ)など、そして塩水雲丹・キャビア・トリュフなどの高級食材もふんだんに使い、ジャンルにとらわれない自由な発想で作られた、ぜいたくな味わいを存分に楽しませていただきました💜

サービス精神が旺盛なパフォーマンス。
器ののひとつひとつもあでやかで、盛り付けも美しい。

派手好きな大阪人から外国まで、大満足のお店です!
リピートしたい♪


吾味吾感(ごみごかん)
090-1656-0535
大阪府大阪市北区曾根崎新地1-1-12 GOTS北新地ビル6号館 1F

★一休で予約★

★食べログで予約★Tポイントがたまります♪


公式インスタグラム

★MAP★


メディア記事もぜひご覧ください↓




長期滞在ホテルがお得に予約できるサイト
「マンスリーホテル」

   ↓↓↓


ホテル滞在レポートはこちら↓





インスタもぜひぜひご覧ください。
ありがとうございます。
http://instagram.com/kuronyan2017 

このエントリーをはてなブックマークに追加