素敵なランチをいただいてきました!京都にある、 富小路 やま岸 (とみのこうじやまぎし)
ミシュラン一つ星の懐石料理です。
格子戸の奥にお店が。
ワクワクするよね〜〜♪

カウンター8人貸切でした。
おくどさんの前に座りました。真ん中あたりには板場、奥には茶釜があるので、それぞれ楽しめます。

お箸が湿らせてありました。細やかな気配り。 

かぶら蒸し
カブの短冊とすりおろし。辛味ととろみ。ばちこはウニっぽい〜。上品なあん。
ふっくらとした牡蠣のぶつ切りが入っていました。

黒龍がかすんで見えるくらい、銘酒が揃っています〜!
バカラのグラスに・・・。
赤ナマコ。
寄りで。
ナマコって硬くてコリコリしていると思うでしょう?これは違って、ブリトロみたいな感じかな⁈
ナマコ同士を1時間シャッフルさせて、こういう食感に変えるそう!分厚いのに、軟骨みたいにこりっとしてやわらか。

柑橘風味の鰹だし。酢はまろやか。

今まで食べたナマコの中で一番美味しかった♪

炭火で。
タイラギ、カラスミ、小餅。
タイラギとカラスミを焼き餅でビヨーンと包んで、
パリッとした海苔に挟んでいただきます。
タイラギの食感と広がる貝の風味、分厚いカラスミがあったまってねっとりと。

こんなに分厚いカラスミだと塩気が強そうだけど、そこはお餅がしっかりホールド。

そのまま食べても、お酒のあてにも、とっても美味しい!

碗もの。
霧を吹いて。誰も触っていませんよという意味。昔の人の繊細な心遣いにグッときます〜。
京都の筍の間引き、芹菜の食感と香り。

たらの白子がとろんととろけそうな、まったりとした白味噌碗でした。黒七味の香り。

こちらも絶品!
天然ふぐの生と湯びきの部分がミックス。身とプルプルの皮を、とろみのあるポン酢で。

上には酒蒸しして裏ごししたクリーミーな昆布だし風味のふぐ白子がたっぷり。白菜がシャキシャキと入っています。

てっさ?てっちり?オールミックスなのに別の味わいがこの一皿に。発想が天才!

そんな山岸さんは優しくて面白い方でした。
越前のズワイ蟹! 特大サイズ。
蒸す前の状態。

ほぐし身を蟹味噌と和えて、たっぷりと飯蒸し(もち米)の上に。
うーん、ごちそう!

煮えばなのお米をカニの出汁で追い炊きして、 リゾットのように仕上げているそう。かぶら漬け入り。旨味が濃いのに上品。

琵琶湖のもろこ。
きらきらとしていて、透き通る身。

杉板に。
ふっくら、こんがり。 塩焼きで。
頭も骨も難なく丸ごと食べられる。
クワイのチップス。初めて。軽く揚がっています。味はクワイなのにサクサクしているなんて。
取り皿に盛り付けると、泳いでいるみたい。

海老芋の揚げたもの
ハッピーターンみたい!炊いてから上げているのでいいお味。

どのお料理も、器が素敵過ぎます〜!

明石の鯛、かぶら。
柚子の香りで。

きずし。
脂がのってぷるんとした肉厚のサバ!切れすぎる包丁でスパッと。断面の綺麗なこと。
海苔のうえに。ゴマと大葉入りのシャリでさっぱりと。

粒選りのバフンウニ! 

ひとり一列。

はいどうぞ!
このシーン!SNSで何度見たことか。

パリッとした海苔に、きれいに揃ったウニ。
写真を撮っている暇はありません。早く食べないと!

とろけるウニを口いっぱいに頬張る!

舌も心も満たされる〜〜。
これはもう、たまらない(≧∇≦)

甘鯛
20180201145014_IMG_4042
白菜の昆布あえと。

飯蒸し(もち米)、酢飯といただき、次は土鍋で炊かれた煮えばなを。
あまい!

長野県木島平のコシヒカリ。

お替りはカラスミを削ってもらって。
塩加減と風味がたまんない。
いくらでも食べられそうです!

おまわり。
白ワインであえた明太子。
不思議と日本酒のような香り。

柚子胡椒ちりめん。

柚子なめたけ。
何度もお替りを。
たくさんいただきました。

最後は、甘いもの。
サクッと軽くて香ばしい最中に北海道産の小豆。
おうすで締め。
山岸さんのお友達の農園より宇治抹茶。一人ずつ点てていただきました。

お料理だけで¥21600のランチ!

夜と同じ内容だとか。滅多にできない贅沢だったけど、五感に響く大満足ランチでした♪

一月ですでに今年いっぱいのディナーは満席!

オマケ画像


main3インスタグラムはこちら     

食べログ グルメブログランキング ←本日もワンクリックお願いします☆


関連ランキング:懐石・会席料理 | 河原町駅烏丸駅京都市役所前駅